About Us

TOP | 企業情報

About UTI


 
 

私どもは先進エレクトロニクス製品開発において、提案、解析、設計、評価まで、
”Right the first time DESIGN” 即ち、「最初から正しい設計」をスローガンに、
シームレスな技術サービスを提供するEngineering Service Provider (ESP)です。
 

 

私どもの提供する総合技術サービスは、
大規模なSystem LSIを組み込んだ先進エレクトロニクス機器の超高速I/F対応を始め、
ノイズ低減の為の根本的対策、放熱を考慮した小型軽量化の提案、
更には、開発期間の驚異的な短縮を約束します。
 

 

私どもの提供する技術サービスの実績は、Automotive 次世代自動運転システム、
高度先進医療機器、航空宇宙産業、最新のエンターテーメント製品開発に至ります。

 

  
 
 

会社概要


会社名

アルティメイトテクノロジィズ株式会社

設立

2000年2月

資本金

6,000万円

役員

代表取締役 内海 哲

取締役 小林 敬二

取締役 中村 篤

取締役 村上 晴美

監査役 国実 徹

事業内容

電子機器設計、製造、評価

PCB上の伝送経路、電源、ノイズ、熱等の解析業務

PCB設計/解析、支援用ソフトウェア開発

ノイズ・熱コンサルティング業務

車載向け電子機器評価用電波暗室の運用

沿革


2000.02

会社設立 プリント基板設計とシミュレーション技術応用による高速信号の解析業務開始。

2001.08

Malaysia, Kuala Lumpur に現地法人Ultimate Techonologies Asiaを設立。

マレーシア政府よりMSC status company 認可、 解析業務開始。

2003.01

顧客の次世代DTV及びDVD 開発部門向けに、日本-マレーシア間での設計- 解析一環業務開始。

2010.12

顧客の開発する次世代System LSI向けにHSPICEによる高精度Simulationの運用開始。

2012.05

クロストーク、SSNをより正確に把握するため、SIWave 運用開始。

2013.07

経済産業省の「特定研究開発等計画」に、当社のFDTDに基づく解析ツールの開発が認定。

2013.09

電源発熱や部品レイアウトと協調したIcepakによる熱流体解析の運用開始HFSSをマルチコアで運用開始。

(3 次元でクロストークを解析)

2015.07

経済産業省の「戦略的基盤技術高度化支援事業」に当社の研究開発が採択。

2017.08

Nakamura Lab開設 実測サービスと解析連携によるEMC問題解決サービス開始。

2019.03

ANSYS Discovery 運用開始。熱による問題の可視化を含め、リアルタイム設計/解析環境を実現。

2019.05

新横浜 Lab. 開設。実験用電波暗室を備え、不要ノイズの可視化を目的に設備を充実。

2019.06

総務省プロジェクト、「5Gにおける、不要電波干渉の高度分析とノイズ抑制」を目的とした委託研究開発に採択。

2019.07

Cadence Sigrity Family 運用開始。

2019.09

資本金を6000万円に増資。株式会社ネクスティエレクトロニクスより14.9%出資を受ける。

メンバー紹介


中村 篤

Thermal / Semiconductors

●主な経歴

東京工業大学・工・修了課程了
IEEE CPMT Symposium Japan 委員(1994- , 2006 General Chair)
()エレクトロニクス実装学会電磁特性技術委員会委員
()電気学会ディジタル雑音伝搬メカニズム調査専門委員会委員
()日立製作所技術研修所講師
1982 ()日立製作所半導体事業部(武蔵工場)入社
1992 The Gordon Institute (MA,USA)で修士取得
              実装電気特性(SI,PI,EMC)設計技術、
              放熱設計技術の開発に日立、ルネサスを通じて従事
2013 UTI(株)にて機器レベルの実装電気特性、
     放熱特性の最適化をPCB設計の立場から推進中

●著書

「熱設計と数値シミュレーション」オーム社 
「図解 最先端半導体パッケージ技術のすべて」半導体新技術研究会 他
 

矢島 貴志

Schematic Design

●主な経歴

明治大学 理工学研究科電気工学専攻 修士課程了
1998年  (株)東芝入社。
             デジタル放送受信機等映像機器の開発、設計に従事
             各種SoCを使用したシステム設計、回路設計、EMC評価を行う
2016年 東芝映像ソリューション(株)にて業務用ディスプレイ機器の設計
             およびサイネージシステムの開発に従事
2019年 UTI(株)にて回路設計業務開始

 

 

大坂 英樹

High-Speed Signals

●主な経歴

福井大学・工・修士課程了
岡山大学・工・工学博士課程了(テーマは半導体のEMCモデル)
IEEE EMCSジャパンチャプタ幹事(2010-2013
IEICE EMCJ幹事(2015-16
IEEE CPMT Symposium Japan委員(2010-2015)
IEICE会員 / OSJ会員
1988年 (株)日立製作所入社。
              PC/サーバ/通信用高速デジタル信号伝送、
              メモリバス用インタフェース、パワーインテグリティ、
              EMCの研究・開発に従事。
2008年 同社生産技術研究所回路実装研究室室長
2010年 同回路システム部部長
2016年 日立オートモティブシステムズ(株)にて、
      車載ミリ波レーダの開発取り纏め
2019年 UTI(株)にて高速伝送設計の監修開始
 

Equipment


CAD/CAE

Schematic Editor Tools
Products Maker
CR-8000 Design Gateway Zuken
CR-5000 System Designer Zuken
OrCAD Capture Cadence
Design Capture Mentor Graphics

 

Board Design Tools
Products Maker
CR-8000 Design Force Zuken
CR-5000 Board Designer Zuken
Cadence SiP Layout Cadence
Cadence OrbitIO Cadence
Allegro PCB Cadence
Xpedition Enterprise VX Mentor Graphics

 

Analysis Tools
Products Maker
HSPICE Synopsys
SIwave ANSYS
HFSS ANSYS
Q3D ANSYS
Designer ANSYS
Icepak ANSYS
Discovery Live ANSYS
Mechanical Premium ANSYS
ADS momentum Keysight
Siglity Family Cadence

 

3D Mechanical Tools
Products Maker
Design Modeler ANSYS
Ansys SpaceClaim ANSYS
Creo PTC

 

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

EMC Lab Equipment

Offices(拠点)


 
 
 

Nagano / Japan

本社/設計&解析/研究開発

 
 
 

Yokohama / Japan

測定/研究開発

 
 
 

Kuala Lumpur / Malaysia

各種解析

 
 
 
 
 
 

Nagano / Japan (本社・設計&解析・研究開発)


住所

〒380-0823 長野市南千歳1-15-3 TSビル1階
電話番号:026-267-7256
 

 

Yokohama / Japan (測定・研究開発 EMC Lab)


住所

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目1-1
図研新横浜ビル1階
電話番号:045-620-0818
 
EMC Labについてはこちら
 

 

Kuala Lumpur / Malaysia (各種解析)


住所

Suite 20-14, Level 20, GTower, 199 Jalan Tun Razak, 50400
Kuala Lumpur, Malaysia
 

 

Asia(海外拠点サービス)



 
2001年よりマレーシアの首都クアラルンプールの中心に、現地法人Ultimate Technologies Asia Sdn. Bhdを設立し、マレーシア政府が推進するMultimedia Super Corridor(MSC)構想のステータスカンパニーとして活動を継続しています。
大学、大学院で電気電子工学を専攻した優秀な人材の確保が容易という地域性を活かし、開設当初よりシミュレータを駆使した高度な電磁界解析をPCB設計と連携させながら実施しています。
また、英語、中国語(広東語、北京語)を得意とする現地スタッフにより、東アジア地区へ事業展開する顧客の技術支援を始め、資材調達支援等、現地ならではの質の高い情報を提供しています。
 

MSC
 
マレーシア政府の推進する MSC構想に対し、事業の目的と活動が適格であると認められた企業に与えられるステータスで、多くの優遇措置が約束されます。日本企業の参画は1%に達しませんが、アジア、欧米からは200社を超える企業が参加していて企業間の交流も盛んです。
また雇用面に関して、MSC域内での就職を希望する知的労働者が多く、政府の人材紹介制度も整っているため、良質な人材の確保が容易となるメリットがあります。

  
 
 
 

お問い合わせ

Contact Us




このたびはUTIに関心をお寄せいただき、ありがとうございます。 
ご希望の資料やご質問がございましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。